ネットワークエンジニアの健康管理について

ブラック企業が多く存在しているとされるIT産業全般において、精神的に疲弊しやすい業種としてネットワークエンジニアと呼ばれるものが挙げられます。この業種は、一般的なシステムエンジニアのようにシステムを構築するのみならず、顧客先へと出向いてサーバーの保全などを行うという労働内容がほとんどで、どのような状況でもサーバーを保全できるように自分の精神をすり減らしてしまうケースが多いのです。自分で気付かない間に心が参ってしまうケースもあるようで、詳細がこちらに載っていました。→http://se-depressionmeasures.info/

また、ネットワークエンジニアはどのような状況で会社へと呼び出され、メンテナンスを行わざるを得ない状態に持ち込まれてしまう可能性があるために、睡眠時間なども不規則になりがちで、肉体的にも疲労を蓄積しやすいのです。

このようなエンジニアの健康を保持、増進するためにはさまざまな解決策が講じられていますが、根本的な解決に繋がるものとしてはエンジニアの総数を増やし、一人当たりの労働時間を減少させることが効果的であります。また、このような抜本的な改革が行えない場合では、なるべくエンジニア自身が労働せざるを得ないケースを回避することが大切です。携帯電話の番号などを不用意に他人に教えないことによって、なるべく特定のエンジニアのみがサービス残業せざるを得ないケースを減らすことができます。

また、実際に健康を害され、インフルエンザなどの感染症に感染してしまったケースでは無理をして出勤することは感染の拡大に繋がるため望ましくないとされます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>